browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

レーシックで裸眼で生活出来るようになる可能性があります

Posted by on 2013年12月18日

視力の弱い人はメガネやコンタクトレンズの装着により視力を調整しますが、最近はレーシックという新しい視力回復方法を試す方が増えてきました。

レーシックとはレーザーを当てて角膜を薄く削ることで曲率を変えて視力をよくするという手術のことで、手術の翌日から裸眼で生活が出来る様になるようです。

ただ角膜を削るので、あまり角膜が薄い人はできませんし、眼に疾患のある人もできません。

また少ないですが、ドライアイや光を眩しく感じるなどの後遺症が出る人もいますから、人により合う合わないがあるようです。

メガネやコンタクトなしの生活が出来るのは嬉しい限りですが、手術を受ける際は医師と十分話し合ってから受けるようにしましょう。

大阪でレーシックを受けたいなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>