browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

レーシック手術とはどういう手術か

Posted by on 2013年12月25日

レーシック手術という言葉は、最近よく耳にする言葉です。

レーシック手術は、角膜屈折矯正手術の一種で、目の表面の角膜にエキシマレーザーと呼ばれるレーザーを照射して、角膜の曲率を変えることで視力を矯正する手術のことを指します。

元来、近視を矯正・補正するにはメガネやコンタクトレンズなどの視力矯正器具を使用するのが一般的ですが、レーシック手術では角膜そのものに手を加えることで普通の視力に近づけます。

そのため、メガネやコンタクトレンズのような視力矯正器具を使うことなく、裸眼で物を見ることが可能になります。

その利便性故か、1990年代にアメリカはレーシック手術を一般的な角膜屈折矯正手術として採用し、今日では多く普及しています。

レーシック 大阪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>