browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

古代エジプトで行われていたレーシックとは

Posted by on 2013年12月22日

レーシック(LASIK)とは、目の表面の角膜にエキシマレーザーと呼ばれる特殊なレーザーを照射し、角膜の曲率と呼ばれるものを変えることでメガネやコンタクトなどの視力矯正器具なしで視力を矯正する手術のことを指します。

レーシック手術、という単語はよく聞く単語でもあります。

そのレーシック手術は、なんと古代エジプト文明で行われていたという説があります。

ただ、現代で行われているレーシックと違い、レーザーは使わないのですが、やっていることはレーシック手術と同じだったと言われています。

砂を使って角膜の曲率を変え、視力を矯正するその手術はレーシックの先駆けとも言え、きちんと技術が伝えられていれば医学の発展に大きく寄与していたと思うと、少し残念な気もします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>