レーシック手術とはどういう手術か

レーシック手術という言葉は、最近よく耳にする言葉です。

レーシック手術は、角膜屈折矯正手術の一種で、目の表面の角膜にエキシマレーザーと呼ばれるレーザーを照射して、角膜の曲率を変えることで視力を矯正する手術のことを指します。

元来、近視を矯正・補正するにはメガネやコンタクトレンズなどの視力矯正器具を使用するのが一般的ですが、レーシック手術では角膜そのものに手を加えることで普通の視力に近づけます。

そのため、メガネやコンタクトレンズのような視力矯正器具を使うことなく、裸眼で物を見ることが可能になります。

その利便性故か、1990年代にアメリカはレーシック手術を一般的な角膜屈折矯正手術として採用し、今日では多く普及しています。

レーシック 大阪

Categories: レーシック | Leave a comment

世界初のレーシック手術はどこで行われたのか

レーシック手術は、角膜そのものを矯正して視力を矯正する手術です。

このレーシック手術はレーザーを角膜に当てることで行われます。

過去にレーシック手術と似たような手術が古代エジプトで行われていたという学説がありますが、古代エジプトにレーザーは当然なく、砂を使っていたとされています。

レーザーを使った角膜の矯正、という意味でのレーシック手術が初めて行われたのは、1990年のギリシャでのレーシック手術です。

その後、アメリカでは1995年にレーシックで使われるレーザーの使用認可を出し、1998年以降屈折矯正手術の主流となっています。

アメリカはレーシック手術を取り入れるのが早かったため、主流となるのも早かったのです。

Categories: レーシック | Leave a comment

レーシック手術の名前の由来とは

レーシック手術という単語は最近よく聞く言葉です。

レーシック手術とは、目の表面の角膜にエキシマレーザーと呼ばれる特殊なレーザーを照射することで角膜の曲率を変えて視力を矯正する手術のことをいいます。

これにより、メガネやコンタクトを使わずとも視力を矯正することが可能になります。

そのため、面倒な器具の取り付けなどの手間が大幅に省けるというメリットがあります。

メガネやコンタクトをしたままうっかり居眠りをすることがないというのがその最たるものです。

このレーシック手術の「レーシック」という名前の由来は、「レーザー照射を本来の場所に収まったままの眼球に施して、角膜を彫り整えること」という意味の英語・ラテン語・ギリシア語からなる文章の頭文字をとったものです。

Categories: レーシック | Leave a comment

古代エジプトで行われていたレーシックとは

レーシック(LASIK)とは、目の表面の角膜にエキシマレーザーと呼ばれる特殊なレーザーを照射し、角膜の曲率と呼ばれるものを変えることでメガネやコンタクトなどの視力矯正器具なしで視力を矯正する手術のことを指します。

レーシック手術、という単語はよく聞く単語でもあります。

そのレーシック手術は、なんと古代エジプト文明で行われていたという説があります。

ただ、現代で行われているレーシックと違い、レーザーは使わないのですが、やっていることはレーシック手術と同じだったと言われています。

砂を使って角膜の曲率を変え、視力を矯正するその手術はレーシックの先駆けとも言え、きちんと技術が伝えられていれば医学の発展に大きく寄与していたと思うと、少し残念な気もします。

Categories: レーシック | Leave a comment

レーシックにおける概要と目への影響

レーシック技術が向上している今、目への影響に良いというようなデータも出ています。

特に、中高年層にはプラスとなっていく内容が目白押しという風にもなっているため、その概要をしっかりと調べていくようにしていくことが重要なポイントにもなっていくのだとも言えるのです。

また、角膜の精度を上げていくような手術を行っていくということもあり、受け持ってくれる医師の選定が大事にもなるわけです。

これからのことも含め、目に対して最良と呼べるようなものを慎重に選んでいくようにしていくことが重要な点にもなっていくとも考えられています。

そして、レーシックにおける正しい知識を身につけながら、よいものを選んでいってほしいです。

Categories: レーシック | Leave a comment

レーシック手術の流れ

レーシックとは、角膜にレーザー光線をあてて視力を矯正する手術のことです。

どのような流れでその手術が行われるのかを簡単にまとめてみましょう。

まず、レーシックを受けるには、必ず適応検査を受けなければいけません。

所要時間は3~4時間程度です。

次に、適応検査後1週間程度あけて手術の日程を調整し、手術を受けます。

当日までは角膜の状態を良好にしておくために、コンタクトレンズを装着してはいけません。

また、体調を整え、感染症を防ぐために入浴して体を清潔にしておきましょう。

手術そのものは、10~15分で終了します。

手術後すぐは、まわりが白っぽく見えるでしょう。その状態のまま15~30分程度休みます。

その後、特に問題がなければ保護用の眼鏡を装着して帰宅できます。

帰宅後は安静にし、就寝時には保護用の眼帯をします。

レーシックを受けた後は、術後の経過を見るために定期検診が行われるので、必ず受けるようにしましょう。

Categories: レーシック | Leave a comment

レーシックで視力回復2

インターネットの普及やテレビゲームの進化などの理由により、メガネやコンタクトを利用する人が増えていますが、現在はレーシックという視力回復手術があります。

角膜にエキシマレーザーというレーザーを当てる、角膜屈折矯正手術の一種です。

角膜の曲率を変える事により、視力は矯正する事が可能なのです。

気になる手術ですが、点眼麻酔を受けた後にエキシマレーザーを照射し、最後に消毒をするだけなので手術自体は10~30分で終了します。

しかし、手術前の検査やカウンセリングに時間が掛かります。

費用は健康保険が適用されないため、自己負担です。

そのため、病院により差がありますが相場は両目で8万円から5万円くらいになっています。

Categories: レーシック | Leave a comment

レーシックにおけるフラップとその保護について

レーシック手術の特徴の1つとして、フラップを形成する事が挙げられます。

レーシックにおいては角膜を削る施術を行うとされますが、正確には角膜実質と呼ばれる場所を削る必要があり、角膜上皮・ボーマン膜と呼ばれる組織の下に位置しています。

フラップを形成する事でこの上層部分の組織を守る事が出来る為に、円滑に施術を行える上に術後の回復も早める事が出来るのです。

フラップは定着後は外部からの圧力にも強い事から、視力回復後もその存在は日常に影響する事無く存在し続ける事が出来ます。

但し、定着には若干の時間経過を必要とします。

その為、術後一週間程度は保護用のサングラス・就寝時のガード装着が必要となり、医師の指示に従って適正に使用する事が大変重要となります。

Categories: レーシック | Leave a comment

レーシックで裸眼で生活出来るようになる可能性があります

視力の弱い人はメガネやコンタクトレンズの装着により視力を調整しますが、最近はレーシックという新しい視力回復方法を試す方が増えてきました。

レーシックとはレーザーを当てて角膜を薄く削ることで曲率を変えて視力をよくするという手術のことで、手術の翌日から裸眼で生活が出来る様になるようです。

ただ角膜を削るので、あまり角膜が薄い人はできませんし、眼に疾患のある人もできません。

また少ないですが、ドライアイや光を眩しく感じるなどの後遺症が出る人もいますから、人により合う合わないがあるようです。

メガネやコンタクトなしの生活が出来るのは嬉しい限りですが、手術を受ける際は医師と十分話し合ってから受けるようにしましょう。

大阪でレーシックを受けたいなら

Categories: レーシック | Leave a comment

レーシックで視力回復

近視等、視力が弱い場合には、通常の視力をえるために、何らかの矯正をしなければなりません。

従来はメガネやコンタクトレンズなど利用が一般的でしたが、最近では、レーシックも普及してきました。

※大阪でレーシックを受けたいならレーシック 大阪

レーシックは病気を治すわけではないので健康保険の対象になりません。

そのため、全額自己負担となり、かなりの出費が必要になります。

しかし、メガネにしろコンタクトレンズにしろ、長期間使用していると、その間の出費額は、決して少なくありません。

一方、レーシックは、一度施術を受ければ、視力自体が回復するので、矯正をする必要がなくなります。

このように長期間の経済性を考えると、レーシックは、決して高額な出費と考える必要は無い事になるのです。

Categories: レーシック | Leave a comment